o5milkのブログ

音楽と映画と服と食

(30)

 

 

 

人間は承認欲求の塊だ

どこに行っても誰と話しても不幸自慢大会

そろそろ自分の幸せをSNS以外で直接発信してくれる人が現れてもバチが当たらないんじゃないか。

 

 

自己啓発したがる人間、宗教みたいに自分はこういう人なのでみんなもこうしてねって押し付けてくる、恩は3倍、それ以上にして返せって遠回しに言ってくる年上。 わたしはあなたにしてもらった以上に倍の金で、行動で返してる。

年下にたかることがどれだけダサいか、哀れかわかんないのかな。ちなみに代々の人間は "やってやってる" 感情で動いているので自覚無し。

 

不幸自慢で君のなにが満たされる?哀れだなと思われて終わりだぞ。死ぬほどダサいことに気づけ。

そしてなぜ自分が周りより上だと思えるのか。大した経験だって大した折れ方だってしていないのに。多分君がぐちぐち抜かしてる間に周りの方がよっぽど色々経験してる。

 

「ずっと」「前から」「昔から」「小さい頃から」

 

たいした器も度胸も経験も無い人はすぐこの言葉を使って自分を大きく見せたがる。

本当に好きだった人に、本当に努力してきた人に失礼だから今すぐ辞めなそれ。

 

これを読んでくれている人は、確かに!周りはそういう人が多い!ほんとにダメだな!って思うかもしれないけど、君も君も君も君も君にも当てはまってるよ、もちろんわたしにもね。

 

周りを不快にさせない努力をしよう

羨むばかりじゃなくて自分も幸せになろう

SNSなんかに載せなくたって幸せだよ

他人に認められないと幸せになれないのか

 

不幸自慢も自分を大きく見せるための嘘もいらないし、友達だって恋人だって本当にやりたいことが見つかれば簡単に捨てられる

 

他人に縋って生きるな、自分と会話して自分と生きよう

 

 

(29)

 

 

 

今朝、両親に「 こんなに暑い中、大学に行くのはおかしい。熱中症で倒れてる人もいるんだからもう少し夏休みを早く初めて、長くするべきだ 」と話しを持ちかけたら、母親は「 自分で決めたこと(大学に行く)なんだから早く学校いきな 」、父親は「 そんなこと言ったら工事現場で働いてるおじさんはどうなるんだ、もっと暑い中ずっと外で働いてる。 」

 

 

最終的にお前は甘ったれすぎる。と言われた。

 

これ論点がズレまくってるのわかりますか?

 

 

普通に一言「そうだね。暑いけど無くならないから頑張っておいで(笑)」とか言えばそこで会話は終わりなはずなのに、なにを思ったか否定から入るんですよ。今の大人って大体。

わたしは工事現場のおじさんの話も、大学に行くのが嫌だとも言っていない。

 

一緒にするなって思うかとしれないけれど、この話を両親にしたら両親も「否定をしているつもりはない」と言ってきたし、気付かないところでバッサリ否定しているんですよね。ちなみに両親は普通に頭はいい方です。勉強面や社会面では。そして2人とも死ぬほどいい両親です。そんな家の両親でも否定から入るってことは、

 

日本に自殺志願者が増えていること、ブラック社会が浸透していること、未来のある若者が上手く動けないこと、日本がいつまでも這い上がれないこと、

 

 

それはここに原因があるんじゃないのか。

 

なにも、「そうだね〜〜学校にいって偉いね〜〜」と言ってほしいわけじゃない。

そういう風に思ってるんだろって言われてもまあおかしくはないが、では仕事をしている大人が帰ってきて「はい!生きるために働くのは当たり前!子育ても当たり前!自己責任!生きていく上で大切だから家事も手伝ってね!え?疲れてる?風邪?いや〜(笑) 知らん知らん!」 って言われたら腹が立つだろう全員。

「いつもありがとう、お疲れ様」って言われたくない?普通に。

 

誰かと比べて周りの方が辛いから頑張れだなんてなんて日本的な考え。

別に海外に執着しているわけではなくて。周りと比べて辛いのが偉いのかって話。

適度に休憩とって自分の好きなこともやりながら楽しく生活した方がいいにきまってる。

わたしは働くために生まれてきたわけじゃないです。

 

 

自分に降り掛かってくることに対しては理不尽だ!って怒り狂うくせに、人が少し愚痴ると甘えだ!って怒るこの世界は圧倒的におかしい。

 

それが普通になっている世の中は狂っていると思う。そんなことでって、めんどくせえなこいつって思うかもしれないけど、それでめんどくさいからこの議論は後回し(笑)って思っている人間が上に立つ限り一生 人は死に続けるし、なにも変わらないだろうね。

 

 

 

 

 

 

(28)

 

 

下書き保存した言葉は所詮保存で表には出せなくて、残っていても邪魔だからくしゃくしゃにして捨てて

 

それが普通になっちゃった時にはもう相手の気持ちや表情に気づけなくて

 

好きなのに好きなのにってなんども繰り返して言い聞かせて、好きなのに。

 

こんなに切なくて胸がドキドキしていつ告げられるかもわからない終わりに震えて

 

 

好きだよって言いかけて下書き保存して、下書き保存して、本当に伝えたいことを何故か表に出せなくて

 

好き以外の感情なんて邪魔だ、好きなのに好きだから

 

 

余裕がないから甘えさせてあげられなくて傷つけて傷ついてもう二度と会えなくなったらどうしよう

 

 

だってすぐに会えるのに会えるから会えない

一緒に居すぎてたってなにもおかしくない、我慢なんて当たり前で

 

 

でもほんとは寂しいので、嘘ですけど

 

大事にしてくれてるのはわかってるのでもやり方が違うの目に見えない

 

ねむくなってきました

 

 

 

(27)

 

 

わたしはちゃんとした恋愛経験がほぼなくて、付き合っても持って2ヶ月とかの世界で生きてて、異性と付き合ってデートしてってずっと何が楽しいのかわからなくて。周りに聞いても曖昧な回答しか返ってこないからそんなの嫌で。

本気で人を好きになったことは今までで1度しかなかったんだよね。

 

 

付き合って、って言われて何も考えずに女の子と付き合ったこともあったけど、友達と何が違うのかもわからなかった。すぐ別れた。

 

 

で、いまわたしには彼氏がいて、人生で2回目に本気で好きになった人で、1年の片思いを経てやっと付き合えたんだけどね(1年のあいだに何回も人伝に振られた(笑))

 

まあ好きになった理由とかは別に書かなくてもいいかな。恥ずかしいし。。

 

周りになんて言われてもこの人だけはほんとに大切で、そんな風に思える人がいるってだけで幸せだから当たり前に嫉妬もするわけで。

 

その嫉妬心って別に憎しみじゃなくて、でも醜い感情だからあまり表には出したくないけど

 

わたしの世界で彼が全てではないけど彼の世界でももちろんわたしが全てじゃないわけで、それって当たり前で恐怖で

 

わたしの、彼の全てであれば突然別れが訪れたりすることもないよね。だから嫉妬するし不安にもなるんだよねきっと

 

でもそれが恋愛だっていうなら圧倒的なわたしの経験不足で、それでもいま一緒にいれるのが幸せだから別になんでもいいのかな

 

 

なんでも受け入れてくれる人で教えてくれることもたくさんあって、でも一緒に悩むことだってあって、経験してきたことがちがうからこそ相手を大切にできるんだよねきっと

 

顔が可愛いだとか性格がいいとか頭がいいとか性格がいいとか、そういう特化したところはなくてコンプレックスだらけだけど、いちばん私が好きな自信だけで負けられないなって思うのでがんばります、、

 

あと最近記事書いてくださいって依頼がたまに来るのですが、書きます。

ものによってお断りしてしまう可能性もありますが、(女性軽視の記事や、誰かに危険が及ぶとかの可能性のある記事はお断りしています) がんばります✏️

 

 

 

 

(26)

 

 

ちょっと違うとどうして寄ってたかって意地悪するんだ大人なのに

 

幼稚園でも小学校でもないのにどうしてどうしてって考えすぎて普通の種類なんてバカみたいにあるのに

 

見た目や頑張り方が違ったって人には人の在り方があるだろう。どうして固定観念や固定概念なんかにしばられて人を見下して普通じゃない普通じゃないって指さして笑ってられるんだ、わたしにとってはあなたたちも普通じゃない

 

その一言でわたしの未来や言葉や性格や正義はいくつ殺されたことか、何人の人を殺してきたんだよ、

 

自分の意見を押し付けるのも教えてあげるのもいいと思うけどいいところは殺さずに否定されたくて話してるわけじゃないんだけどなあ

 

前見て両足で立ってられなくなって周りのせいにして罪悪感で死にそうになったことないんだろどうせ、

学校にはなにを教えに来てる?傷つけて仲間はずれにして、概念に縛られろってことを教えに来てるのか、すごい偉大だな

 

少し質問したら厄介で、質問してくださいとかは建前なんだって素直に純粋に受け取ってやっと大人になれたのにやっと人と居れるようになったのに

 

 

 

(25)

 

 

 

君の中で迂闊に呼吸をすると苦しくなるようになった

 

甘えと幻想と空想のわたしをとっぱらって目の前にいるわたしだけ見ていてほしいのにきっとそんなこと言ってもピンとこない

 

君だけには悪者になって欲しくないし、悪者でいてほしくなかった。

わたしのヒーローだったはずが一瞬で崩れ落ちていくんだ

 

本当は泣き虫で弱虫なのに嘘ついてごめんね

 

 

 

(24)

 

 

 

嬉しい楽しい時より苦しい辛い時の方が一緒にいる時間が長くて、幸せの定義なんて人それぞれだけど

 

幸せな時にも一緒に居るし、内面ばかり見ようと思って外見ばかり気にしている世の中で「 私だけは違う、私だけは違う 」ってまるで呪文みたいに唱えて、そうそうこんなだったっけ、普通に生活するってこんなだった、。

 

 

なにがわたしの憂鬱を救ってくれるとか、どの自己啓発本を読んでもどのサイトを読んでもなに1つわからないのに、

 

好きなんて言葉で表してもわからないし、深く考えるな、感情だからって言われて初めは納得できるけど、段々好きの猪突猛進な感情だけでは無くなってきて、それは恋じゃなくて愛じゃなくて好きじゃなくて依存なんじゃないかなとか。拠り所にはならないよ。

 

 

好きなところなんてすぐに答えられなくたってたくさんそれ以外の気持ちと、きみと一緒に時間をいっぱい過ごして、そのときに一瞬でも 「 あぁ、幸せだなあ 」 なんて思えたらそれで。

まあ死ぬほど発狂されてもおかしくないくらい答えられちゃうんだけどね。

 

 

最悪な時間と最悪な幸せと最低なわたしと、

一緒にいるから歪んで見えないけど段々歪んできて、わたしの形になって、きみの形になってそうやって普通を忘れて2人の空間が出来るんだ

 

 

世界で1番大切でだいすきで最低なくらいかっこよくて、わたしが唯一、苦しくて息が詰まるほど好きになれた、きみのお誕生日です、おめでとう